Horsecall

Racehorse Training Support System
競走馬調教支援システム”Horsecall"
 

調教負荷比較・training comparison



 

調教負荷の比較

 
調教毎のデータを比較する事で、時間経過でのコンディションを確認できます


毎回の調教状態の把握はもちろん、例えば前回レース前の追い切りと、今回の追い切りの状態を比較する事は、レースに臨む上でも非常に有用です。 Horsecallでは、蓄積された調教データを相互比較する事が可能です。 例えば追い切りの調教データを時間経過で比較すれば馬が上り調子なのかチェックする事ができます。 
 
心肺コンディションや馬体の回復力の比較、負荷後の馬体への負荷状態の比較を行う事で、馬の状態がより明確に把握する事ができます。
例えばグラフのように、連続した3日間の調教後の馬体の心肺の負荷耐容性と回復状態を比較すると 心肺の耐容性は低下しており、心肺疲労の可能性があります。 同様に疲労からの回復については、2日間では差異はありませんが、3日目には回復が遅くなっている事が示されます。
調教の負荷と、馬の休息のタイミングを最適化し調教をより有効とする上で、Horsecallは非常に有効です。