Horsecall

Racehorse Training Support System
競走馬調教支援システム”Horsecall"
 

馬場状態比較・Track load evaluation


 

馬場状態の比較

心拍間隔解析により馬場別の馬体負荷の比較が可能
 


競走馬は、競馬の開催によって、異なる馬場でのレースとなる事は日常的です。 また普段の調教においても、ダート、芝、ウッドチップまたは坂路と異なる馬場を使います。 特に海外での競馬となると馬場の負荷がホームコースとどの程度異なるか把握する事は非常に重要となります。 
Horsecallは、キャンター・追い切り後の心拍間隔を自動的に記録しているので、馬別に馬場毎の負荷の状態を容易に把握できます。 
 
例えば15-15というキャンターの調教を行った場合、負荷後の心拍間隔データを比較すれば、同一条件での調教にもかかわらず馬体への負荷は異なるかもしれません。 特に海外での競馬においては、レース前の調教期間は限られます。 短時間の調教データから、馬場の負荷の特徴を把握する事は、レースの組み立て、調教計画を作成する上で、非常に重要となります。
 
Horsecallは、過去のホームコースでの調教データと、比較したい馬場の調教データの相互比較が可能です。 さらに馬場毎の状態評価や、季節・天候を踏まえた比較評価など、従来困難であった馬体への負荷状態の比較が可能となります。