コンディション評価

心肺と馬体コンディション把握

 
調教終了後、即座に心肺力、回復力、疲労回復度合を10段階で評価


Horsecallシステムでは、調教が終了すると即座に心肺・馬体回復といったコンディションの評価と疲労負荷、回復状態の評価が表示されます。 
この10段階評価の標準設定は、膨大な調教データベースに基づいて各測定値の偏差値を計算し、10段階の評価として表示します。
心肺の負荷への耐性能力、馬体の回復能力が高く、一方で疲労度合いが小さく、回復も良好であれば、競走馬は絶好のコンディションにあると言えます。
 
コンディション評価は、ピーク速度からの心拍の戻り曲線の鋭さ、負荷後の心拍の戻り下限値、そして初期の心拍低下が下限に達してからの心拍の回復曲線から算出した値と、Horsecallデータベースでの分布から算出されます。 馬毎の時間経過での変動により、調教効果と体力の増強など、馬体の変動が把握できます。