負荷評価

調教負荷と回復

 
負荷が適性か?過負荷でないか?疲労残りは?


Horsecallシステムは、心拍間隔データに基づいて調教負荷の状態と、馬体の回復を解析する機能を有しています。 30,000件以上の調教データに基づいて、追い切り、キャンター毎に調教負荷分布を解析、毎回の調教がどの程度の負荷に相当するかを表示します。さらに調教区分・馬齢に基づいた標準データと対比したグラフで、調教負荷と回復を容易に比較できます。 赤色の線が標準的な負荷と回復カーブであり、これよりも上側であれば負荷は軽く、回復も速い事を示し、逆に赤色の線よりも下側では負荷は強く、回復も時間を要する事を示します。 
 
調教負荷と回復の標準データは、Horsecallの膨大なデータベースに基づいて算出されます。追い切り・強め、追い切り・馬なり、坂路、キャンターと異なる調教形態に対して、個々に標準データを算出し解析を行います。 この調教負荷・回復の評価は、厩舎毎の平均や馬毎の時間推移でも解析する事もできます。 プロスポーツの負荷と回復の把握と同じように、高度な解析技術で競走馬の調教状態を把握します。