Horsecall

Racehorse Training Support System
競走馬調教支援システム”Horsecall"
 

自律神経解析・Autonomic nervous system evaluation


 

自律神経系の解析

 

追い切り時の交感神経、副交感神経の活性度から、運動能力・持久力を解析


調教負荷が強く馬体に疲労が残るほど、馬体の交感神経は活発となります。 この結果、心拍数は上昇し、心拍間隔はより短くなります。 同じ調教負荷でも、馬毎に負荷の掛かり方は異なり、基礎体力に優れる馬ほど、速やかに状態が回復します。 Horsecallは、負荷後の時間経過での心拍間隔を測定し馬体状態の指標としています。 心拍間隔は疲労と負の相関を有していますので、疲労が強くなるほど心拍間隔は短縮されます。 
 
追い切りなどの強い負荷の直後から、時間経過での心拍間隔を比較する事で、馬体への負荷の程度を把握する事ができます。 負荷直後の心拍間隔は、負荷の強さに比例して短くなりますが、その後の時間経過での心拍間隔の回復を比較する事で疲労が正常に回復しているかを確認できます。
もし負荷直後の心拍間隔が、時間が経過しても短いままで回復しない場合は、馬体に強い疲労や緊張が残っている事を意味します。このような場合は、疲労の残りに十分注意が必要となります。
 
Horsecallは、20,000以上の調教データからキャンターやギャロップ後の心拍データを蓄積しており、馬毎のデータを全体の中での位置づけを確認する事が可能です。